整体・姿勢矯正・心のケアなら鳥取市【姿勢矯正専門治療院】さくらマッサージ室へ。頑固な肩こり・腰痛・膝痛・不定愁訴等でお困りな方。

③最後まで読んでくださった方にもう少し詳細に伝えたいこと

  • HOME »
  • ③最後まで読んでくださった方にもう少し詳細に伝えたいこと

■【もう一人の自分】との向き合い方

%e6%b0%b7%e5%b1%b11%e6%b0%b7%e5%b1%b1

 

【真実の自分】【もう一人の自分】という存在は、【氷山】に例えると分かりやすいと思います。

【氷山】は3割が海の上に出ていて直接目で見える部分で後の7割は海の中で3割部分を支えているそうです。

つまり、見えない7割が3割部分を支えているのです。

まさに人間もそうで、【真実の自分】が3割で自分の夢や理想や希望を思い描け【もう一人の自分】が7割で自分自身ではコントロールしづらい、やんちゃ娘・やんちゃ坊主的な存在でいるのです。

例えば、『こういう夢を叶えたい』と思って行動している時に

【もう一人の自分】

  • 『そんなの無理だよ』
  • 『出来やしないよ』とかそういうネガティブな感情で支えようとしているのか。

それとも

  • 『だったらこうしてみたら』
  • 『こうやってみたら』みたいなポジティブな感情で支えようとしているのかは、

3割の【真実の自分】がどういう感情で行動し続けるかにかかっているのです。

『今日も最高に充実した一日を過ごす為に出来る事を精一杯心を込めて行動するから【もう一人の自分】付いてきてね』

みたいな形で【もう一人の自分】といつも一緒に行動している良き仲間・同士みたいな感じでいればいいのです。

それと、【もう一人の自分】がネガティブな不安・悩み・苦しみ等々の感情を出てきたら、その感情を感じているところに語りかけたり・褒めたり・悟したりすればいいのです。

%e3%82%82%e3%81%86%e4%b8%80%e4%ba%ba%e3%81%ae%e8%87%aa%e5%88%86

■イチロー選手の【もう一人の自分】

スーパースターイチロー選手が【もう一人の自分】という存在を認識しているコメントを載せます。

前代未踏の大リーグ9年連続シーズン200本安打がかかるシーズン前にWBC(ワールドベースボールクラシック)出場での疲れから8試合を欠場した時に記者から受けた

『連続200本安打達成させるに8試合欠場は不利ではないか??』

と言う質問に対しイチロー選手は

『162試合マイナス8ではなく130試合(その頃の日本プロ野球年間試合数)プラス24ととらえる自分がいる。』

と回答され、そして見事達成されました。

これぞまさしく【もう一人の自分】がイチロー選手の望む方向に力を貸してくれているという事です。

という事は、スーパースター達も我々凡人も【もう一人の自分】という存在が居て、どちらかの自分を無意識に選んでいるということなのです。

殆どのスーパースター達は、【もう一人の自分】なんて事を考えなくても【天性】で身に付いているのだと思います。

我々凡人は、スーパースター達みたいに【天性】として持ち合わせてないから【もう一人の自分】という存在を認識し付いて来させるようにすれば、成功という方向に向かっていくという事なのです。

【心ときめく目標】なんてないという方・・・

私はいつも思うのですが、心ときめくまでの目標はすぐすぐにはないかも知れませんが、なにか『今日も一日頑張るぞ!!!』みたいな身近なものくらいはありそうな気がするのですが、頑なに『何も無い』という方がおられます。

私は、『何も目標が無いという事はあり得ません』と応えます。

何故なら【目標を決めるのが目標にすればいいからです】

こういう方はどっぷり、やんちゃ娘や、やんちゃ坊主に支配され、完全に迷い子になっている状態で、暗闇の中にいて光を探すことさえ忘れてしまっている状態のように思います。

  • 『心ときめく目標を見つける為に今日も出来る事を心を込めてやっていくから、【もう一人の自分付いてきてね』
  • 『今日も最高に充実した一日を過ごす為に出来る事を精一杯心を込めて行動するから【もう一人の自分君】付いてきてね』でもいいのです。

愛おしく【もう一人の自分】に語りかけて『一緒に行くぞ!!!』

みたいな癖をつけていけば、両輪が同じ方向に走り始めていくのです。

■自分が変わっていく過程は【階段状】に成長していく

よくテレビで見る『1週間で3kg体重が落ちました!!!』なんてCMをよく見かけます。

それは誠に結構な事だと思いますが、【一時馬力】で落としたものは【もう一人の自分】が反発して、必死に元の状態に返そうとして【リバウンド】させようとするのです。

なので、よほど【もう一人の自分】という存在が理解出来た人でない限り、その状態を維持させるのは難しいので、すべり台を転げ落ちるが如く【リバウンド】してしまう方が多いように思います。

何故、自分が変わっていく過程は階段状になるかというと、【真実の自分】【もう一人の自分】は自転車の車輪で例えましたが、相反した方向で安定してます。

なので、日々【もう一人の自分】【悟し】・【褒める】などして【真実の自分】のほうに『付いておいで』と行動に移していき、【もう一人の自分】が納得して『これからは、そちらの方を応援していけばいいんだな』と納得した瞬間、車輪が同じ方向に走り始めますから、階段を1段上がれ自を変えられるという事です。

なので、ずっと何も変わらない日々が続いて挫折しそうになる事も多々あると思います。

しかし、それでも自分を信じ、出来る事を心を込めてやり続けていれば、必ず【もう一人の自分】が付いて来てくれて上がってしまえば、中々下に落ちれないという事です。

【一時馬力】の成功は、【坂道】【すべり台】と一緒で、ちょっと止まってしまえば、コロコロと落ちるしかないのです。

つまり、心ときめく目標に向かって日々出来る事を心を込めてやり続けていれば、階段状に上がっていく【癖】がつき、落ちる事なく1歩1歩上がっていけるのです。

%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e7%8a%b6

真剣なつもりが深刻になっていてはいけません

日々、真剣に出来る事を心を込めて行動しているつもりでいても、実は深刻な状態(ネガティブ状態)にドップリはまっていて、ろくでもない【もう一人の自分】が優位に立っている場合がよくあります。

真剣であるべきで深刻な状態でいる必要は全くないのです。

上手くいってない状態が続いてるなと気付いた時に、ちょっとだけ冷静になって、今の自分は【真剣】に行動しているのか【深刻】になって行動しているのか確認してみて下さい。

【真剣】になっている時は

%e7%9c%9f%e5%89%a3

  • 『今日は、失敗したけど明日はこうやってみよう』
  • 『よし、明日も頑張るぞ!!!』

というような思いが優位にたっている場合は

  • 上手くいくかもしれない』
  • 『成功するかもしれない』など1歩でも前に進もうとするポジティブな感情で行動していると言う事です。

【深刻】になっている時は

%e6%b7%b1%e5%88%bb

  • 『これで大丈夫かな??』
  • 『何だか失敗しそうだな』

とかいうような思いが優位にたっている場合は

  • 『ダメかもしれない』
  • 『上手くいかないかもしれない』など1歩でも前に進もうとしているのにネガティブな感情にストップかけ続けられた状態で安定しているということです。

自分では、気付かないうちにドップリと深刻になっているときが誰にでもあります。

深刻な状態でいても【百害あって一利なし】、ふと『深刻になっているな』と気付いた時は、深刻になっている自分にまず『いらない・いらない』と悟してあげればいいのです。

そして、不安や悩みを感じているところに

『これからは、出来る事を心を込めてこっちの方向に行きたいから付いてきてね』みたいな感じで心を込めて悟して行動に移していけばいいのです。

そういう【癖】をつけるだけで、ネガティブな状態で安定しようとしている自分から瞬時にポジティブな状態にスイッチが入ってくれるように変わってきます。

それだけでも随分楽になります。

難しく考えないで、自分にとって必要ではない感情などは、まずは捨てていくことをお勧めします。

%e3%81%84%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%841

■【怒りの感情の扉を開かせない方法】

喜怒哀楽の感情のうち、一番やっかいなのは怒りの感情ではないでしょうか??

少し考えてみてください。

殆どの場合、怒るような事をされたとしても、誰も“怒れ”とは言ってないはずです。

勝手に自分が怒って、ろくでもない感情で自分を満たしているのです。

普通、何か嫌な事を言われたり・されたりした瞬間に怒りの感情の扉が開くスイッチが勝手に入り、ろくでもない感情になってしまいます。

例をあげますと、自分が掃除をする場所ではないところを『掃除をしとけ!!!』と言われたとします。

%e6%80%92%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b

そうすると、瞬間『何で私がここを掃除しなくてはいけないの!!!』とやりたくない自分が有無も言わせず、怒りの感情の扉を開けるようスイッチが入り怒り心頭します。

では、怒りの感情の扉を開かせない方法は『掃除をしとけ!!!』と言われた瞬間、すかさず

  • 『ふぅ~~~ん・・・ここを掃除しないといけないんだ』
  • 『へぇ~~~・・・そんな事もあるんだ』

みたいにまず最初に

  • 『ふぅ~~~ん』
  • 『へぇ~~~』

とかというワンクッションを置くようにすると、真っ先に怒りの感情にスイッチが入らないのです。

そして、もしも掃除をしなければいけないようでしたら、掃除をやりたくない自分に向けて『今回は自分がやらなくてはいけないみたいだけら掃除するからね』みたいに自分を悟し行動に移せばいいのです。

そういう癖をつけると【掃除をやらされた】ではなく【自分で決めて掃除をした】に変わり、自分自身を『よくやった!!!』と褒められるようになるのです。

  • 『ふぅ~~~ん』
  • 『へぇ~~~』

とかまず最初に思えるという事は『掃除をしろ!!!』と言われた事をとりあえず理解したという事なのです。

つまり、どんな理不尽な事でもまずは

  • 『ふぅ~~~ん・・・ここを掃除しないといけないんだ』
  • 『へぇ~~~・・・そんな事もあるんだ』

みたいな理不尽な事として感情を乱すことなく、とりあえず理解しているという事なのです。

しかし、理解は出来てもどうしても納得のいかない時があります。

そんな時でも、怒りの感情の扉が開いてないので、冷静に話すことが出来るようになります。

【楽】に生きるの本当の意味

 【楽】という言葉を辞書で引くと・・・身も心もやすらかな・こと(さま)と書いてあります。

私は【楽】に生きればいいと思っています。

なんだか、【楽】に生きればいいと聞けば、手を抜いて、一生懸命仕事等もしなくてもいいみたいに思われがちかも知れませんが、そうではありません。

手を抜くという事は、【もう一人の自分】が優位に立って、ろくでもない方向に導いているだけで、本当はいけない事だと分かっているけど、ついつい引っ張られている状態で決して、”身も心もやすらかな”状態ではないはずです。

一生懸命やると聞いたら、いつも”爪先立ち”の状態でフルスロットルで走り続けなければいけないみたいに思いがちですが、決してその状態は、”身も心もやすらかな”状態ではないはずです。

では【楽】という状態はどういう状態の事を言ってるかと言うと・・・【今出来る事を自分を信じて心を込めてやること】だと私は思っています。】

一生懸命やるという事も・・・【今出来る事を自分を信じて心を込めてやること】だと私は思っています。

【楽】に行動するという事は、一生懸命行動するという状態と同じだという事です。

つまり、一生懸命今出来る事を心を込めてやることこそが、【楽】に生きているという事だと私は思っています。

そして、それが出来たら【もう一人の自分】を目一杯褒めながら、一緒に行動していく事が一番【楽】な生き方だと私は思います。

 

■【その人に乗り越えられない壁は与えられない】

私の好きな言葉に【その人に乗り越えられない壁は与えられない】

この言葉に出会った時から、私は『そうか!!!一生懸命自分を信じ精一杯出来る事をやっていけば必ず乗り越えられ、また違う世界が見えてくるし、乗り越えられるまで自分を信じ精一杯出来る事をやっていけばいいのだ』と言う事に気付きそれを実践して、何となく一つ一つクリアしていくと、私の廻りに私が悩んでいた時と同じような悩みを持った方々が来られその方たちに

『私もそんな時がありましたよ。そういう時はこうしてみたらどうですか』と私が実践して良かった内容をアドバイスしてましたら、それでコツをつかまれた方が、笑顔を取り戻され殆どの方が『結局自分自身の声を聞きそれとどう向き合っていくかなんですね』なんて言われるようになり、『最初は、そんな簡単な事で変われるわけが無いと思っていましたが、何回も何回も治療を受けながら話を聞いていく度に少しづつ変わって来て、楽に生きられている自分に気付き、自分自身が勝手に難しく考えすぎていた事に気付きました』と言われる方が増えてきました。

そして、私に先生のお陰で、毎日楽しく生活できるようになりました。本当に有難うございました。』と言われる方がおられます。

でもそれは感謝する人を間違えてます。

私は【きっかけ】を作ってあげただけで何もしてないのです。

自分が変わるように行動をしたからこそ、【もう一人の自分】が付いて来てくれたのです。

私の話を聞いただけでは何も変わらないのです。

だから、自分が変われたと実感出来たとしたら、今まで反対方向に進めようとしていた【もう一人の自分】が付いてきてくれたからこそ変われた訳ですから【もう一人の自分】を目一杯褒めてあげなければいけないのです。

私は私で、『これからも、一人でも多くの方々に気付いてもらえるようアドバイスをしていくから【もう一人の自分】君よろしくね』と声を掛け続けています。

最後の最後にこの言葉をもう一度贈ります。

【その人に乗り越えられない壁は与えられない】

  • 『自分を信じて、この壁を乗り越えてみなさい、今までと違ういいィ~~~人生が待ってるよ』
  • 『あなたなら乗り越えられるよ!!!精一杯やってみなさい』

と神様か仏様かお地蔵様かもう一人の自分なのか誰か分かりませんが、試練を与えてくださっているように思えませんか??

『出来るからガンバレぇ~~~!!!』とエールを送ってくださっているように思えませんか??

壁を越える

私はそう思えて毎朝『【もう一人の自分】今日も行くぞォ~~~!!!』と声をかけて一日をスタートしてます。

どちらの自分を選ぶかは、自分自身にかかっているのです。

大成功されている人でも、自分を信じ今自分が出来る事を心を込めて目標に向かって【もう一人の自分】と一緒に1歩1歩行動に移していくことしか出来ないのです。

その蓄積が結果とし大成功という結果に結びついているのです。

なので、我々凡人も自分を信じ、【もう一人の自分】と一緒に目標に向かって今出来る事を心を込めてやっていけば、必ず今よりは良い人生が待っているのです。

これからも、【もう一人の自分】と一緒に今出来る事を心を込めてやっていきましょう!!!

■生涯【童心】を忘れずにいましょう

最後まで読んで下さった方の中にも『本当にこんな”子供騙し”みたいな事で変われるのか??』と思われている人もおられると思います。

今まで書いて来た内容は、私が聞いた話で”いいな”と思った事や本を読んで”いいな”と思った【知識】を書いたのではありません。

少なくとも、私が実践して私が【なるほど】と思え【知恵】として得たものだけを書いています。

”子供騙し”と思われて第一歩が中々切れない方に最後のメッセージとしてお話します。

私は生涯【童心】を忘れてはいけないと思ってます。

子供の頃は本気で『ウルトラマンみたいに強くなりたい』とか『セーラームーンのように可愛くて強い女の子になりたい』とか誰でも心の奥底から湧き上がってくるエネルギーみたいなものがあったのではないでしょうか??

それが、大人になったら非現実的な空想の世界だという事が分かり、だんだんとウキウキワクワクするような【童心】を忘れ、現実社会の中で自分を見失いどちらに行ったらいいのか、暗闇の中を彷徨っているような方がおられます。

今こそ【童心】を思い出し、『最高の人生を送りたいから【もう一人の自分君】一緒に行くぞ!!!』みたいに、ウキウキワクワクしながら”やんちゃ娘”やんちゃ坊主”と一緒に壁にぶつかりながらでも走り続けるぞ!!と本気で思えるくらいの【童心】を再度よみがえらせてほしいと思います。

自分は一人ぽっちではないのです。必ず【もう一人の自分】がいるのです。

それが、”いるな”と少しでも思えたならそれが【童心】です。

くれぐれも【幼稚】にならないように、いくつになっても【童心】を忘れずにいましょう!!!   

■追伸

最後の最後まで読んで頂いて本当にありがとうございます。

読んで頂いて同じような事を繰り返し繰り返し言ってるだけなんだなと気付かれた方もおられると思います。

全くその通りです。

ただただ自分を信じて今出来ることを心を込めて行動に移せば、必ず良い方向に向かっているのです。

何故かと問われたら、よほどの変わった方で無い限りみんな充実した人生を過ごしたいと思っているからです。

それを邪魔する【もう一人の自分】が出てきたら、なだめ・悟しながら自分の行きたい方向に『一緒に行こう!!!』と愛おしい仲間として1歩1歩一緒に行動していけば、必ず両輪が同じ方向に動き始め成功へと導いてくれるのです。

最後に生意気にこれを書いた私は、まだまだ成功という二文字には程遠いです。  みちだ

■人は何故、悩みや不安になるのか??・ポジティブな自分になる方法??

下記

①心の癒し【人は何故、悩んだり不安などネガティブな状態になるのでしょう】【←】興味もある方は、クリックしてご覧下さい。

【自分の理想としているポジティブな自分になる為にはどうすればいいのか??】【←】興味もある方は、クリックしてご覧下さい。

 

■【さくらマッサージ室のご案内】

さくらマッサージ室は、体や心の不調をなんとか改善したいけれど、どうすれば良いのか分からないという、本来の自分らしさを取り戻したい方のお手伝いをしていきたいと考えています。

■何故姿勢が悪くなるのか等掲載してます。

興味のある方はクリック【↓】してご覧下さい。

【体のコリや痛みや体が重い等の慢性症状でお悩みの方】

■何故か自信が持てない・不安になる等々でお悩みな方が多くおられます。

いくら姿勢を良くなっても心が穏やかでなかったら、良い姿勢を維持する事が難しくなる事が多々あります。

心が穏やかに出来ないのは【理由】があるのです。

その【理由】が理解できれば、心穏やかに過ごす事が出来ます。

何か新しい発見があると思います。 

■その【理由】を知りたい方はクリック【↓】してご覧下さい。

【自分に自信が持てない・不安や悩みを解消されたい方】

是非HPを読んで頂き、行ってみようと思って頂ける方が増え、皆様のお役に立ちたいと思っています。

興味のある方はクリックしてご覧下さい。【さくらマッサージ室ホームページ】

やったー

  姿勢を矯正し、症状を根本的に治したい方】や【心が穏やかで過ごしたい方】は今すぐお電話を!! 

 

さくら外観1100

■営業日時

営業日:月曜日~水曜日・金曜日~日曜日(木曜日休み)

※祝日も営業しています!!

営業時間:9:00~21:00 

 

■アクセス方法

1)車でお越しの方は

1階が駐車場になっております。

 

109

                   駐車場                           

2)バスでお越しの方は

  • 鳥取駅バスターミナル0番(ぜろばん)乗場より
  • 【100円循環バス・くる梨・緑コース】乗車(約5分)【福祉文化会館前】バス停下車・片原3丁目交差点右折・徒歩2分 
  • くる梨・緑コースは始発8時過ぎから最終18時頃まで約20分間隔で運行してます。

 

3)タクシーでお越しの方は

  • 鳥取駅から約4分
  • 片原通り・ケーキ屋【ソムリエ】さんの真向かい。
  • 【ラーメンどさん娘・片原店】さんの2軒隣り
”鳥取県鳥取市片原3-111”

整体料金

【整体・指圧マッサージコース】

  • 30分:3.000円(まず、お試しで体験されている方もおられます)
  • 60分:4.500円
  • 90分:6.500円

【鍼灸・整体・指圧マッサージコース】

  • 60分:4.500円
  • 90分:6.500円

整体後にスタンプカード(裏面は名刺になっております。)に30分に1個づつ押していき、20個で1.000円の割引をしてます。  

スタンプカード

ご予約&問い合わせ方法のご案内

  当院は完全予約制になります。 お電話かメールにより、ご予約の上でお越し下さい。

姿勢を矯正し、症状を根本的に治したい方は今すぐお電話を!! 

TEL  0857-36-1108    フリーダイヤル  0120-428901(鳥取東部地区、固定電話のみ)

メールでのご予約&お問い合わせは24時間受付になります。

メールでのご予約の場合は、当日以外のご希望の曜日と時間をできれば第3希望まで教えてください。

当院からの『ご予約承りました』という返信メールがきて予約完了になります。

※当日のご予約は、メール予約ではなく必ず電話予約でお願いいたします。

⇒メールによるご予約及び問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

※いただいたご相談・ご予約には、48時間以内にメールでお返事をお返ししておりますが、エラーで届かないこともあります。

2日~3日たっても返信がない場合は、メールの受信設定に問題がある可能性があります。ご確認のうえ、再度送信してください。

コリや痛みの原因は姿勢が悪いからです。良い姿勢に矯正し根本的にコリや痛みをなくしたい方、お電話を TEL 0857-36-1108

PAGETOP