健康の為に毎日歩かれている方がおられます。

誠に結構なことです。

しかし、腰や膝が痛くなっているのにもかかわらず【健康の為】ということで歩き続けている方が少なからずおられます。

その中に腰痛・膝痛の治療に医者に行っても良くならないからと来られる方がおられます。

歩き方を見てみると、殆どの方が腕を大きく振って踵から着地して、つま先で地面を蹴るという歩き方をされてます。

一見、見た目は綺麗ですが、私はこの歩き方はお薦め出来ません。

何故かというと、腰・膝に負担のかかる歩き方だと思うからです。

何で腕を振って地面を蹴るという動作がいけないかというと、蹴るという動作をするには、強制的に腕を振って膝を曲げて伸ばさなければいけません。

そうしないと、上半身が移動しないからです。

つまり、強制的に腕を振って膝を曲げて伸ばすという動作をし続けているという事は、腰や膝に負担をかけ続けて歩いているのです。

大体にして、ウオーキングで腰痛や膝痛を起こしている方は、股関節は固く膝を曲げることもし辛いですが、伸ばすことも出来ません。

なので、整体・姿勢矯正治療で体をほぐし各関節の可動域を広げ腰や膝に負担のかからない姿勢に矯正し、良い姿勢が出来るようにした後に腰・膝に負担のかからない歩き方をアドバイスをします。

そして、実際に歩いて頂いて今までの歩き方の違いを実感して頂きます。

歩き方の【コツ】をつかまれた方は、『歩き方がとても重要だということが分かりました』と言われます。

健康の為に歩いているつもりが、腰や膝が痛くなっては健康とは言えません。

これからも、【健康の為】にもう少し自分の体を労わりながら運動をしていきましょうと言い続けていきたいと思います。

膝痛1  歩く3