肩こり・腰痛・膝痛で整体・姿勢矯正治療に来られた方で『自分は能力が無い』とか『頭が悪い』とか『なんでこんな事も出来ないのだろう』とか言われて悩み苦しまれている方がおられました。

私は、その方に『ご自分を褒めてますか?』と尋ねますと。

『褒めれるような事はしてないので褒めたことなどないです。褒めるなんて自分を甘やかせなさいと言う事ですか?』という返答でした。

多分、その方は【褒める=甘やかす】になっているのだと思いますが、これは【褒める】と【甘やかす】の本質が分かってないのだと思います。

そもそも【甘やかす】とは、【出来る事をやらない】という事ではないでしょうか。

例えば、『今は掃除が出来る』でも『面倒くさいのでやらない』これが甘えではないでしょうか。

【褒める】という事は、出来る事が出来た。

これはやりたくない自分が付いてきてくれたから出来たのではないでしょうか。

例えば、『勉強しなければいけない』でも『やりたくないなァ~~~』など思ってしまう時が誰だってあると思います。

でも、そういう自分をなだめ諭し勉強が出来たなら、『やりたくないなァ~~~』という自分が付いてきてくれたから出来たのです。

なので、私は付いてきてくれた自分に『ありがとう』と褒めてやればいいと思います。

日本語で『褒められたら腹が立つ』とか『褒められたらムカつく』等と言う日本語はないはずです。

誰だって褒められたら嬉しいはずです。

なので、やれた自分を褒めるという事はなんらおかしな事ではないと思いますので、私は常に褒められる自分でい続けたほうが良いと思います。

人に嫌がれせしようとしている自分を褒められますか?

人を傷つけようとしている自分を褒められますか?

人に嘘をつこうとしている自分を褒められますか?

こんな事を話しているうちに、彼女は出来ない自分に苛立ち、一生懸命やろうと頑張っている自分がいる事に気付かなくて悩み苦しんでいたことに気付き

一生懸命頑張っている『自分を褒めても良いのだ』と気付き明るい笑顔を残して帰って行かれました。

体のこりや痛みなども、ネガティブな感情から起こる事が多分にあると思っています。

これからも、【心身ともに癒せてこそ治療】を目指してやっていきたいと思っています。

やったー2