例えば、肩こりで来られた方でも肩が凝っている箇所が悪いわけではなく、体が『肩に負担がかかっている悪い姿勢になっているよ』と肩を凝らせて伝えているのです。

つまり、肩が前方向に移動してしまう事で肩甲骨が外側に移動してしまい、【猫背姿勢】状態になりその姿勢の負担が『肩が凝った』という症状で表れているのです。

そして、【猫背姿勢】状態になるということは、前傾姿勢になると言うことなので、腰にも負担が掛かってきて腰痛にもなりかねない姿勢になっているという事です。

そういう前傾姿勢のままで歩きますと、二足で体を維持しなければいけませんから、膝は常時曲ったままで歩行しなければならないので、上半身の負担を膝が【最後の砦】で受け止めている状態で歩いているという事です。

なので、高齢になり膝痛が多いのは、筋肉の低下・骨量の減少など言われていますが、それもあると思いますが長年膝に負担のかかる姿勢で歩く事により支えきれなくなって痛みを出し『膝に負担のかかっている姿勢になっているよ』と教えてくれているのです。

つまり、肩こりだから腰痛だから膝痛だからといって、その箇所だけを揉んだり注射をしたり電気を当てたりしても、姿勢を改善しない限り根本的な解決にはならないのです。

肩こりを根本的に解消させるには、腰の負担も解消しなければいけません。

腰痛を根本的に解消させるには、肩の負担も解消しなければいけません。

膝痛を根本的に解消させるには、肩・腰の負担も解消しなければいけません。

そして、【肩・腰・膝などに負担のかからない良い姿勢】で歩く姿勢を身につければ、負担がかかってない訳ですから歩くことがストレッチになるということです。

体は【連動】してますので、肩だけ・腰だけ・膝だけを動かすことは出来ません。

必ず繋がっています。

なので、【対症療法】的な肩だけとか局所をフォーカスするのではなく、全体を診ていき【肩・腰・膝などに負担のかからない良い姿勢】をマスターする事によって、根本的にコリや痛みがない姿勢をこれからも伝えていきたいと思っています。

姿勢1