肩こり・腰痛などで指圧マッサージに通ってる方でやってもらうと体のコリはとれてスッキリした感じになるけど、体全体に感じる重だるさがとれないという方が来られました。

こういう症状を訴えてくる方が多くおられます。

何らかの内臓疾患などの病気を持っておられる方やメンタルが疲弊されている方は、そういう体が重だるく体を動かすのが億劫で『何もやる気になれない』みたいな状態でおられる方以外で、体に負担のかからない良い姿勢を身に付けたら、重だるさが無くなったと言う方が多くおられます。

筋肉は、大きく分けて

①体を動かす為に使われる筋肉(表層筋・アウターマッスル):直接触れることが出来る筋肉

②姿勢を維持する為に使われる筋肉(深層筋・インナーマッスル):直接触れることの出来ない筋肉

に分けられます。

指圧・マッサージは、①のほうの、直接触れることが出来る筋肉を揉んだりほぐしたりして筋肉疲労や血流などを促進することが出来て体をスッキリさせる事が出来ます。

しかし、指圧マッサージでは表層筋①の下にある筋肉は触れることが出来ないので②の姿勢を維持させる筋肉を緩ませる事が出来ない為に、良い姿勢に改善出来ないので重だるいという症状が残ってしまうのです。

なので、②の(深層筋・インナーマッスル)をほぐす為には、筋肉は関節に付着していますので各関節の可動域を広げるストレッチ(整体)をする事で(深層筋・インナーマッスル)は、ほぐれ肩・腰・膝などに負担のかからない良い姿勢が出来るようになり、体の重だるさはが軽減していくのです。

それと、良い姿勢が出来ないとどこかに負担がかかっているという事なので、肩こり・腰痛・膝痛などになりやすいという事です。

つまり、指圧マッサージだけではコリや痛みを根本的に改善は出来ないので、体をスッキリさせ重だるさなども解消する為には、指圧マッサージと整体の両方が必要だという事です。

しかし、整体・姿勢矯正でコリや痛みが解消し良い姿勢が出来ても、またいつもと同様な日々を過ごしていく訳ですから、何もしなければまた同じようにコリや痛みや重だるさが出てきます。

そうならない為にも、負担のかからない良い姿勢を維持する為の毎日簡単に出来るストレッチと歩き方を伝えていきたいと思ってます。

爽快