家族の為に自分の時間を使わざる終えない状況が何年も続き、心身ともに疲労困憊の方が紹介で来られました。

一生懸命頑張っても報われない自分に苛立ち、その感情をどう発散させたらいいのかも分からず、ずっと自分の気持ちを聞いてもらえる人も無かったのでしょう、涙を流しながら私に思いの限り話されるのを聞きながら、この方は『本当に頑張っておられる方だな。』と思いました。

毎日の生活の上で無意識のうちに体が緊張状態が続き、全身がガチガチに固まった状態なので肩こり・腰痛が酷くなった状態でした。

整体・姿勢矯正治療で関節の可動域を広げ、筋肉を指圧マッサージでほぐしながらストレッチを加えていき、体の緊張をとりコリや痛みが出ない姿勢が出来るようにし、負担のかからない姿勢を維持する為に毎日する簡単なストレッチと歩き方を説明する頃には少しは気持ちが落ち着いてホッとされた表情をされてました。

私は、一生懸命頑張っておられるのが凄く分かるから、これからは頑張っている自分を『目一杯褒めてあげてください。』と伝えると最初はビックリされてましたが、表情がとても明るくなり、『自分で自分を褒めてもいいのだ』と言うことに気付かれ、とても楽になったと言われて喜んでおられました。

私は、一生懸命頑張っている自分がいたら、自分で自分を褒めてやればいいと思っています。

そして自分で自分を勇気づけていけばいいと思っています。

自分を奮い立たせるのも自分だし、自分を落ち込ますのも自分です。

つまりどういう自分でいるかは自分で決めればいいと思っています。

治療が終わる最後に、悲しい時や落ち込んだりした時は、テレビに悲しく落ち込んでいる表情をしている自分を写し、第三者の目になって情けない表情をしている自分に『そんな悲しい顔するのはやめて、笑顔で頑張っていこうよ』と励ましてあげ実際笑顔になっている自分が想像出来れば楽になりますし、いつもテレビの中の自分を笑顔の自分でいさせると、暗くなりかけた自分に軌道修正がかかるようになるから、やってみて下さい。とアドバイスしたら素晴らしい笑顔をされて帰って行かれました。

これからも心身ともに癒せる治療院でいたいと思っています。

スッキリ