関節は、骨と骨のつなぎ目にあたる部分で、衝撃を吸収し関節に負担が掛からないようクッションのような役目もあります。

例えば、舗装されてない道路を軽トラックと高級乗用車で走った場合、圧倒的に体に掛かる負担は、いろんな衝撃に対応できる柔軟性がある高級乗用車のほうが少ないはずです。

足首(足関節)が硬く柔軟性がなければ、その負担を膝関節・股関節で補わなければいけないので、その状態が継続して続くと、負担を抱えきれなくなり、膝痛・腰痛という症状を出してきます。

つまり、膝痛・腰痛になった根本的な原因が、足首(足関節)が硬くなり柔軟性がなくなった結果、膝痛・腰痛を発症したという人をみます。

足首(足関節)は《縁の下の力持ち》で文句も言わず体を支え続けてくれてます。

足首を廻したり、アキレス腱を伸ばしたりして、足首(足関節)のケアをお勧めします。

足首(足関節)の柔軟性がいかに大切かと言う事がわかって頂けたら幸いです。